弁護士に相談することは、敷居が高くて、相談しにくいという声を聞くことがあります。

弁護士の知り合いがいないから誰に相談していよいかわからない、自分の抱えている問題は弁護士が対処してくれるのであろうかといったことを不安に思うこともあるでしょう。

しかし、実際に弁護士に相談すると、弁護士が事件として受任しなくても、問題解決の方向性が見えたということで、気分が落ち着かれる方も多いです。

そこで、相談する弁護士を探す方法としては、例えば

Ⅰ.弁護士事務所の多くがホームページを持つようになり、ホームページでは弁護士の顔写真が載っていることもあります。ホームページを見て、相談しやすそうな弁護士事務所かどうか判断します。

Ⅱ.相談しやすそうな事務所だと感じたら、実際にホームページの問い合わせページから、自分が抱えている問題の概要をメールしてみて、弁護士として対応できるか聞いてみる(電話でも同様)。

Ⅲ.対応できるかどうかも含めて、実際に会いましょうということになれば、相談料を確認してから、相談に行く。

特に、Ⅱの一度概要等をメールしてみることで、事務所の対応や雰囲気がわかるきっかけとなり、弁護士事務所を選ぶ際の判断基準になると思います。(問い合わせするだけならば、お金はかかりませんし、必ず相談に行かなければならないということにもなりません。)。