遺言書を作成するメリットは何でしょうか。

自分の財産は、子どもたちに均等に分割して渡してもらえれば十分だから、遺言書は要らないと思っている方も多いと思います。

確かに、現金や金融資産だけを所持している場合には、遺言書を作成する必要はないかもしれません。

しかし、不動産を所持している場合、不動産を共有名義にすると、その後不動産を処分等する場合の手続きが煩雑になるおそれがあります(もし、不動産を3人兄弟で相続し、その後さらに孫が相続すると、不動産の共有者が増えすぎて、処分するのが大変になります。)。また、相続人間でこの不動産は欲しいが、あちらの不動産はいらないとか、自分は不動産はいらないから金融資産だけ欲しい等の意見の相違が生じる可能性があります。

また、平成27年1月1より相続税の基礎控除額は、3,000万円+600万円×法定相続人の数となり、以前よりも相続税が発生するケースが増えています。そうすると、仮に不動産だけ相続する人と、現金を相続する人がいた場合で相続税が発生した場合、不動産だけを相続した人は相続税の支払い分の資金繰りの負担が出てくるおそれがあります。

相続財産は争いの種になってしまう可能性があり、仮に争いが生じた場合、今までの良好な親族関係が壊われてしまうおそれがあります。

そこで、自分がなくなった後の親族間の争いを未然に防ぐことが、遺言書を作成するメリットだと考えます。場合によっては、事前に相続人である子どもたちに、自分はこのような遺言書を作成するからと遺言書について話し合いを持つ機会をもっても良いかもしれません。