離婚事件において、子どもの親権が問題になることがあります。

親権とは、未成年者の子に対して、その父や母が、子どもが社会の中で自立した生活をしていけるように監護等していく権利のこといわれます。

親権の内容は、身上監護権と財産管理権の2つに分けられます。身上監護権とは、生活する場所を決めたり、懲戒したり、自ら職業を営むことを許可するといった権利です。財産管理権とは、子どもの財産を管理したり、子どもが契約をする際の代理人となったりする権利です。

監護権というものがありますが、これは親権のなかの身上監護権のことです。親権(親権者)と監護権(監護権者)を分けるといった場合は、親権者は財産管理権を、監護権者は身上監護権を有することになります。

子どもの親権が問題になった場合も、今後その子が社会で自立していけるためのサポート体制を父母がどのように行っていくか、親権の内容を理解して、日々の生活の具体的にイメージをして解決にあたることが望ましいです。