取引先と打ち合わせを行い、取引先から契約書のひな形があるから、このひな形を利用しましょうと言われた場合、契約書のチェックポイントはどこでしょうか。

これは、取引ごとにチェックポイントが異なるので、これといったことはいえませんが、打ち合わせをした内容が、しっかり契約書に反映しているかは確認してください。例えばサービスを提供する契約等では、どのようなサービスを提供を行うか(受けるか)といったことがしっかり契約書に反映されているかチェックしたほうがよいです。打ち合わせの段階で、取引先が行うと言っていたことが契約書に反映していなければ、後々ここまでやってくれると言っていたではないかと言ったとしても、契約書に記載されていないことについては責任がないと言われる可能性があります。

また、どのような契約書でも「管轄」という条項があると思いますが、これも重要です。管轄とは、もしトラブルが生じた場合に、どこの裁判所で裁判を行うかを前もって決めることです。もし取引相手が遠い場所にいて、その取引相手の都道府県が裁判管轄と指定されていた場合、その相手方の地域に住んでいる弁護士を探すのは大変ですし、自分の地域にいる弁護士に頼んだ場合は、その弁護士が裁判所に行くまでの費用を負担しなければならない等の問題が生じてしまいます。