法務の具体的内容とはどのようなものでしょうか。例えば、以下のような業務が含まれると思います。

1 契約関係:取引における契約書の作成や、相手方が提示された契約書のチェック。また、ウェブサイト上の利用規約の作成といったものも考えられます。

2 交渉関係:取引において、法的観点から契約内容を相手方と詰めていく作業。また、トラブルが発生した場合の交渉や、債権回収の交渉。

3 社内体制整備:社内の規定整備、従業員の労働問題

4 訴訟:裁判対応

常にこれらの法務業務が発生するわけではありませんが、これらの対応を社内の者や事業主で対応するのか、弁護士に頼むのか、経営者の判断が必要になってきます。